駒田医院の先生紹介│ご近所ドクターNET
ご近所ドクター

病院検索TOP > 大阪東版 > 駒田医院 > 先生紹介

文字サイズ変更小中大

駒田医院|副院長の駒田尚直先生

元外科医で現在は内科診療を行う駒田尚直先生

大阪府東大阪市出身
関西医科大学卒
■消化器外科専門医
“ここに来た患者さんからはガン死者を出さない”“生活習慣病の合併症を防いで、病気とうまく付き合いながら天寿を全うしてもらう”という2つのモットーを掲げ、診療に当たっています。大阪赤十字病院の登録医でもあり、病院での治療が必要な患者さんは送致するなどの病診連携を行っています

医者になったきっかけは?
父が医師なので、周りからも言われ自身もそうなるものだと思ってました。
医者になってよかったこと(うれしかった事は?)
外科医時代は、がんの手術が成功した時の達成感が最大の喜びでした。今は、勉強会や毎日の診療を通して常に勉強ができることに喜びを感じます。
幼少、学生時代はどんな子供でしたか?
病弱な体質で、はしかに罹って1ヶ月学校を休んで、治ってやっと学校に出て来たと思ったら3日後におたふく風邪に罹った、なんてこともありました。
座右の銘を教えてください。
「継続は力なり」。中学から大学まで写真をやっていて、大学卒業の頃には大きな賞をもらえるようになりました。何ごとも続けていれば結果が伴うと思います。
趣味やハマっている事は?
今はあんまりですけど、サイクリングをしていました。中国の南京から上海まで自転車で走ったこともあります。
先生の健康法や健康で気をつけていることは?
水泳。体を鍛えるのにこれほど良い運動はないと思います。あと、学生の頃から毎日腕立て伏せを100回続けています。食べ過ぎ、飲み過ぎの次の日は食べる量を少なくしたり、体重コントロールにも気を遣っています。
先生のストレス発散方法は?
家族と旅行に行くことと、昔からの仲間と飲んで食べてしゃべること。
休日の過ごし方は?
時間があれば家族で出かけます。子どもと遊ぶのが最高に楽しいです。
先生の宝物は?
家族、子ども。1人しかいないので特に。
先生のこれからの夢を教えてください。
ここに通う患者さんからは“ガン死者ゼロ”を目指しています。居心地の良い喫茶店のようなやすらげる診療所にしたいです。